一般社団法人 日本再生美容協会


お知らせ・トピックス

第12回 エステティックダーマトロジー教育セミナー

日   時 : 平成29年11月21日(火)13時30分開場
場   所 : 東京八重洲ホール 地下2階 大会議室
        東京都中央区日本橋3丁目4番13号
座   長 : 尾見 徳弥 先生
受 講 料 : 一般¥8,000(税込)
        会員¥5,000(税込)

プログラム

14:00  
「開会のことば」        

14:00〜14:50
「発達障害の人と、ハッピーにかかわるヒント」        
堀内 祐子 先生        
自閉症スペクトラム支援士        
発達障害 ハッピーサポート代表
わが家には4人の子供がいますが、自閉スペクトラム症、ADHD、LDなどの発達障害があります。途方に暮れた時期もありましたが、子どもたちを観察し考える中で、彼らとうまく関わる方法が見つかってきました。

15:00〜15:50
「レーザー脱毛について」        
尾見 徳弥 先生        
クイーンズスクエアメディカルセンター 皮膚科部長         
日本医科大学皮膚科客員教授        
1990年代よりはじまったレーザー・光脱毛は現在では脱毛法の主流をなしている。 一方で照射による増毛や副作用の事例も報告されており、特にエステでの光脱毛は法規制の問題も含んでいる。今回、レーザー脱毛に機軸をあてて新しい知見を述べるとともに施術の上での注意点に関して述べる。

16:00〜16:50
「特定商取引法による規制の概要」        
能勢 弘章 先生        
消費者庁 取引対策課 総括補佐 エステティック(※)は、特定商取引法によって、広告や勧誘方法などが規制されて います。これらの規制について、具体例を交えつつ概要を説明いたします。 ※期間が1か月超・金額が5万円超のもの。

「閉会のことば」

主催:一般社団法人 日本エステティック経営者会
後援:特定非営利活動法人 日本美容皮膚研究会
共催:一般社団法人 日本再生美容協会



一般社団法人 日本再生美容協会からのご挨拶

科学技術の進歩も近年格段に発展し、美容技術にも応用されることにより、最新の技術のひとつである再生美容が確立することとなりました。

そこで、人々の生活を豊かにする再生美容の原料・薬剤等基礎技術の研究、化粧品・美容機器等商品開発の研究、皮膚への適用技術の研究、再生美容技術の普及ならびに健全な事業活動の発展に寄与ことを目的とし日本再生美容協会を設立致しました。 人間、特に女性は美しくあることを望みそれに時間と情熱を注ぎます。

美しくあることで活発になれ、社会進出、社会活動に積極的になれるという事実もあります。 年齢と共にシミ、シワ、ハリなど、老化が現れることは自然の摂理であり避けられないことです。

しかし、人間は科学技術を発展させ、老化予防、再生美容にも応用し、老化の悩みを解決しつつあります。 人類が豊かに生活することの一端を担えれば幸いであり、それらの技術を進化させること目的とする方々と行動を共にすること望んでおります。

エステティックサロン、美容室、美容医療クリニック、化粧品店等に対し、広く再生美容の普及、啓発と相互コミュニティの構築を行い、美容業界、医療業界ならびに化粧品業界の最先端の情報共有と商品の流通などの健全な発展を目的とし、その目的に資するため各種事業を行います。


平成26年10月吉日
一般社団法人 日本再生美容協会
代表理事 石下 敏男

再生美容とは?

再生美容は、私たちがもっている肌の再生能力を最大限に活かして、肌の再生と若返りを実現する究極のアンチエイジング美容です。

再生美容は、エステティックと連携して、エステだけでは難しかった肌そのものの再生と若返りを、より完全に近い形で可能にします。

再生美容は、エステが行う肌の活性化を越える、肌細胞そのものの再生を目的とにした美容法です。肌細胞が本来持っている自己再生能力を強力に誘導・増強する再生美容セラピーに寄って、肌そのものの再生、若返りを実現します。

詳しい再生美容についてはこちら